2008年05月27日

テレビ番組【1分間の深イイ話】

新聞のテレビ欄に『賛否両論・死んだ愛犬で飼い主がアレを作る』とあり、とても興味を持ちました。

みなさんはご覧になったでしょうか。

カヌー犬・ガク
長年共に歩んだ愛犬が年老いて亡くなり、それでも一緒にいたいと考えた飼い主は愛犬の毛皮でベストを作ったというお話です。

う〜ん。

番組的には深いイイになったのですが、
やはり気分が良いものではないですね。

もちろん、亡骸を焼いてしまってはもう二度と触れることはできない
寂しさは分ります。
そして、これからもどんな形になっても一緒にいたい気持ちも分ります。
だけど・・・。

皮をはぐなんて想像もできない。

番組内でも賛否両論のあげく、決めるのは愛情を持った飼い主が決めること、となった。

トコロとロッキーの遺骨は実家にあります。
このことも人によっては、「ちゃんとお墓に納めるなり、土に返すなりしないとダメよ。」とも言われたことがあります。

そう考えると飼い主によって供養の仕方も違えば、その後の心のケアも
違うのだと納得もできるかもしれない。

携帯カメラ 788.jpg
お友達がロッキーのアンダーコート(抜け毛)で作ってくれたロキぐるみです。

実は生前、たくさんのアンダーコートを集めていたので、まだ、残りのお毛毛が残っています。






ニックネーム Rie at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ワンコの毛

トコロやロッキーがいた頃は
抜け毛が服に付いて、とてもイヤでした。
仕方のないことですが、黒い服は避けてました。

特にワンコを飼っていない人から見ると、不潔と感じるのではないかと気を遣ってました。

これも思い返せばトコロやロッキーがいた証なんです。

5月に入り、ますます気温が上がり、衣替えをしようかと検討中
ずっと着なかった服も処分しようか検討中

そんな中、発見される我が子の残し毛
トコロの毛とロッキーのアンダーコートはとても色が似ています。さてさて、どちらの毛なんでしょうね。

むかしなら、「ゲッ!ここにも毛がっ!」

でも今は「やっぱりここにいたんだね」

携帯カメラ 827.jpg

そんな毛が愛しくも感じる。













ニックネーム Rie at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする