2008年11月26日

長い間ありがとうございました。


先日よりお知らせしていました、ロッキーの3回目の命日(本日25日)をもちましてブログ終了とさせていただきます。

ポメラニアンのトコロと2歳下のゴルのロッキー。
ホームページを開いたのは、トコロの病気を知った頃からでした。

それまで、ワンコとの暮らしは当たり前のものであり、まめに写真を残すなんて思いもつかなかったあの頃。
H.P開設と同時に”思い出を残す”ことに力をいれました。

しかし、当時はデジカメもなく、カメラ付き携帯なんてありません。
フィルムが当たり前の時代に日々の撮影はカメラ小僧にならない限り
困難でした。

H.P作りは、HTMLの知識を勉強し、デザインや無料素材サイト巡りで落ち着くまでに1年以上はかかりました。

そんな時間の間に旅立ってしまった”トコロ”
心臓の弁がふさがり、血液が逆流してしまう病気でした。
ポメラニアンには比較的多い病気なのですが、完治することはなく、
お薬で抑えるしかない状態でした。

その心臓のお薬も副作用なのか、嘔吐が激しく見ている私たちは辛い選択をしました。

とにかく安静にさせ、

お薬は止めよう

トコロはよく吠える子でした。
立派な番犬ともいえる、小さくとも大きな存在でした。

しかし、それが仇となったのです。
吠えることで心臓に負担がかかり、発作を起こす回数が増えてしまいました。
そして、発作のあとは失神に近い状態に。

亡くなる3日間は闘いでした。
トコロは夜中になると呼吸困難になるのです、
それも横たわるとそのような症状になるので、
起こし、支えてあげると安定するのです。

2日目の夜も同じ状態でした。

さすがの3日目は家族皆、疲れから寝てしまったのです。

まだ夜が明ける前に、階段から母の私を呼ぶ声が。。。
もう、何も言わなくとも分かりました。

母は、

トコロ、死んだ

私は母に

だから起きてればよかったやんかっ

悲しみと責めようのない悔しさが言葉となって現れ、
私と家族が初めて体験した愛犬の死でした。

13歳で永眠(2004年6月14日)

いつもの寝んねスタイルで苦しんだ様子もなく眠ってました。

Scan1r.2.jpg

私たちにはまだロッキーがいる。
クヨクヨはしてられない。
だけど、立ち直るまでにはかなりの月日いや年月がかかりました。
ロッキーも同じように元気のない日々。

トコロがいなくなってからのロッキーは、私たちから離れない日が続きました。
多分、トコロはどこかに連れていかれたと思っていたのでしょうか。
とても不安げな様子。

大丈夫

携帯カメラ 1086.jpg

当たり前だけど、2歳年下のロッキーもすでに11歳。
まだまだ若いと思っていたけれど、立派なシニア犬。
人間のお年寄りと違って、年齢が表に出にくいわんこ。
いつまでも私たちにとって子供と同じなんですよね。

ロッキーは体力も落ちてゆき、夏が一番大変でした。
暑さが苦手なロッキーにとって、夏超えが一番の目標でした。

このとき、ブログ更新も活発になり、たくさんのワン友ができました。

しかし、日に日に弱るロッキー。
平凡な1日をブログに綴るのみになってました。

ロッキーはデカゴルとも言える、MAK43kgの男の子。
2005年には27kgになってました。

骨と皮に近い状態で、フサフサお毛毛のおかげで目立たなかったけど、
痛々しい状態であったのは確かです。

だんだん足も立つことすら困難で、毎日車で近くの公園まで連れて行きました。

携帯カメラ 934.jpg

しかし、そんながんばりも空しく

13歳永眠(2005年11月25日)

トコロと同じ歳で旅立ちました。

立つことのできないロッキーが母に

大好きな裏庭に出して欲しい

と要求したのです。
戸を開けた途端、走れないロッキーが勢いよく走り出し、裏庭に
出ていって落ち着いた様子で横たわりました。
母も安心したのか、その間に買い物にでかけてしまったそうです。

いつもの場所が良かったのか、誰にも見せたくなかったのか
分からないけれど、トコロと同じように寝んねスタイルで
息をひきとっていたのです。

発見したのは帰宅した私です。


ロッキー!

ワンコの寿命はどんなに頑張っても、短いものです。
私はシニアまでお世話できて幸せでした。

だけど、その幸せは年月だけではないのです。
ワンコにとって寿命よりも、日々楽しく暮らせたことだけが
幸せなのです。

シニアを迎えることなく亡くなったワンちゃんのご家族さまへ。
あなたたちに出会えただけで、あなたのワンちゃんは愛を知り、
人のぬくもりを知り、思い出をおみやげに虹の橋へと旅立つことができるのです。
幸せだったと思いませんか。

ただ、残されたものは悲しみと寂しさだけが残ります。
それは彼らを愛していた証拠です。

泣いてください。
そして顔を思い出して笑ってください。

携帯カメラ 800.jpg

これでこのブログはおしまいです。
閉鎖して削除するのは辛いので、このまま残す予定です。
更新がすでに26日になってますね。
間に合いませんでした。

また違う所でお会いできるかもしれません。

ネットで初めてできたお友達から、今年もロッキーの命日に
お花を贈ってくれました。
そのお友達ワンもロッキーが亡くなって半年も経たずお空
へと旅立ってしまいました。
ロッキーが亡くなったときにかけつけてくれたミルミルちゃん

携帯カメラ 1042.jpg
天使になったロッキーに会いに来てくれたよ。(ミルミルちゃん)

038.JPG

携帯カメラ 141.jpg

デジカメ 003aa.jpg

2004年から続いたロッキーのブログですが、
たくさんの方が遊びに来てくれて嬉しかったです。
ロッキーが亡くなった後も、ずっと遊びに来てくれていたお友達。

ありがとう。

月に1回の更新にも関わらず、更新したらすぐコメントを残してくれたお友達にはいつも驚かされておりました。
いえ、何より感謝の一言です。

また、そんな中でたくさんのお友達ワンがお星さまになりました。
正直、お友達のブログを覗くのが辛い時期がありました。

だけど、ちゃんと知らなくてはならないと思いました。

虹の橋はもう満員じゃないのかと日々心配していますが、
果てしなく広いところなんでしょうね。

おしまい。


誤字脱字があるかもしれませんがお許しを。









ニックネーム Rie at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする